Top

日々のこと、料理教室toricotのこと、気ままに綴っています。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ:旅の話( 32 )
仙台、たべものの記録

Labo1113と同じ建物の地下、cafe Mozartでお昼ごはん。


c0002446_1231922.jpg
















松島の松華堂のかすてら。


c0002446_1271058.jpg
















もう何年も前から、いつか行ってみたかった場所。Notre Chamble。


c0002446_11131585.jpg
















ある朝、maggieさんのお家で朝ごはん。


c0002446_1114810.jpg
[PR]
by ccico | 2012-07-07 12:11 | 旅の話
toricotのお菓子レッスン@仙台
遅くなりましたが、5月の終わりの仙台のことを。

maggieさんのアトリエ、Labo1113
入り口をくぐった瞬間、ふわっといい空気に包まれました。
たくさんの緑がお出迎えしてくれて、窓の向こうにも緑と光が抜けていて、
初めてだけどどこかちょっと懐かしい、そんな場所でした。

いい写真があまりにもなさ過ぎて...。
入り口だけ。


c0002446_11213689.jpg














Laboにあるのは、水道とカセットコンロが1台、ちいさな冷蔵庫。
そこでどんなことができるんだろう。
そこからはじまったLabo1113×toricotの教室でしたが、
あれこれ試行錯誤して、ちゃんと焼き上がりました。


c0002446_11211163.jpg















おかげさまで、3回もレッスンをさせてもらいました。
足を運んでくださったみなさま、ほんとうにありがとうございました。


鎌倉で場所を持ちはじめて5年が過ぎ、気付くと根付いた暮らしが続いていた。
それは必要なことだったのですが、そろそろもうちょっと身軽になりたいな。
新しい可能性にたくさん気付かせてもらった旅でした。
[PR]
by ccico | 2012-07-07 12:00 | 旅の話
京都、大阪、ちょっぴり神戸

日曜市が終わって、本格的な秋休み。
火曜日に鎌倉を出て、今日帰ってきました。
京都、大阪、ちょっぴり神戸。

c0002446_23222270.jpg










特に大きな目的があったわけでもなく、ふらりと出かけた今回の旅でしたが、
行ってみたらたくさんの人に会えて、充実した毎日でした。
お世話になったみなさま、ありがとうございました。
また会いましょう。
鎌倉にもあそびにきてね。


旅の終わりの朝ごはんは、
『たま木亭』のパンとうえちゃんが淹れてくれたコーヒー。
おいしかったなぁ。

c0002446_23212036.jpg












そして今日は、お休みの間に溜まっていた事務的なお仕事と、
黒豆をつかったお菓子の宿題の試作。
想像上ではおいしそうなのだけれど、
はじめて作るのでどんな味になるのかどきどき。。。
[PR]
by ccico | 2010-10-23 00:00 | 旅の話
【旅の話】ロンドンでの日々

27th, May - 2th, June  晴れたりくもったり、雨が降ったり


マーケットへ行って。
パブでビールを飲んで。
カフェでランチをして。
お買い物をして。
おいしいコーヒーを飲んで。
美術館へ行って。
ギャラリーへ行って。

毎日のように、maggieさんと遊んでました。
ちょうどロンドンに滞在していたmaggieさん、
海を越えてまさかロンドンで会えるなんて。


あっという間に過ぎていったロンドンでの一週間。
忙しい中、快く泊まらせてくれた友達に、心から感謝です。

思えば今年のはじめの偶然の出会いからはじまった、今回の旅でした。
今回の旅でお世話になったみなさま、ありがとうございました。
また会える日を楽しみにしています☆


c0002446_19345089.jpg
[PR]
by ccico | 2010-06-28 00:00 | 旅の話
【旅の話】ヘルシンキからロンドンへ

27th, May くもり


フィンランドとも、今日でお別れ。
さみしいけれど、新たな出会いがたくさんあって、
ほんとうに充実した滞在でした。

さて、これからロンドンへ向かいます。
[PR]
by ccico | 2010-06-27 00:00 | 旅の話
【旅の話】ヘルシンキでの出会い、再会

26th, May  曇り ときどき 雨

c0002446_18375447.jpg










朝ごはんは、バナナとプラム。
日本ではあまり果物を食べないのだけれど、
こっちへ来ると、なんだか食べたくなるのです。


今日はもっちんと待ち合わせて、『common』へおじゃましてきました。
Fiskarsの知人が紹介してくれた、日本人のご夫妻の雑貨屋さんです。
あらかじめ電話をしてくれていたので、挨拶をするとすぐにわかってくれて、
あっという間に話が弾んですっかり長居してしまいました。

それにしても、いろんなところで繋がっていてびっくりした。
岡本さんのフリーペーパーが置いてあったり、
鎌倉のもやい工藝の方とお知り合いだったり。
一番驚いたのは、友達のお姉ちゃんの作品に10年ぶりくらいに再会したこと。
世間って、広いようで繋がってるなぁ、ほんと。

commonを後にして、まずはかもめ食堂でお昼ごはん。
おなかいっぱい、大満足でした。
そして中村さんが教えてくれたアンティークショップで、
昔のアラビアのお皿や木のトレイなど、ちょこちょこお買い物。
中村さんに教えていただいたお店で飲んだカフェオレも、すっごくおいしかった!
今まで飲んできたフィンランドのコーヒーは、なんだか酸っぱかったりで、
そういうものだと諦めていたのだけれど、ここのお店は違いました。
ヘルシンキでまた通いたいお店が増えました。


お世話になったcommonのHPは、こちらからどうぞ。

c0002446_1939141.jpg
[PR]
by ccico | 2010-06-26 00:00 | 旅の話
【旅の話】幸せな朝ごはん

25th, May  晴れ


今日は久しぶりの青空!!
Fiskars最後の日に、青空が広がってほんとうに嬉しいなぁ。
朝ごはんを食べてからぐるりと村を散歩したら、
太陽の光の中、昨日とはまた違った風景が広がっていて、
ますますこの村から離れるのが寂しくなってしまう。


ちなみに今回Fiskarsでお世話になった宿は、
WANHA MEIJERIというB&Bです。
朝ごはんが、とにかくおいしかった!
シリアルやドライフルーツはほとんどオーガニック、
それにだんなさんの手作りパンが、もちもちしっとりでおいしかった。
作り方を聞いておけばよかったなぁ。。。

予約のメールのやりとりをしているときから、
オーナーさんの丁寧さが伝わってきて、
実際にお会いしたら、そのまんまの方たちでした。
この宿をはじめるまで、ふたりとも全く違う仕事をしていたとは思えない、
ホスピタリティあふれる心遣いとおいしい朝ごはんのこの宿、
これからFIskarsに行く人には、ぜひおすすめしたいです。


いつかまた、ここへ来られますように。
[PR]
by ccico | 2010-06-25 00:00 | 旅の話
【旅の話】Fiskarsでの1日

24th, May  雨


あいにくのお天気で、今日も長袖が手放せない肌寒さ、
着いた日の暑さが嘘のようです。

雨の中、今日はてくてく歩いて村をお散歩。
ところどころにちいさなアトリエやギャラリーがあり、
ちょこちょこ寄り道をしているうちに、
あっという間に時間が過ぎてゆく。

たまたま立ち寄ったアクセサリーのお店では、
昨日サッカーのときに出会ったパトリックが働いていた。
そんなに忙しくなかったのか、長いこと相手をしてくれて、
村のこと、仕事のこと、いろんな話ができて楽しかったぁ。
嬉しいな、こういう出会いは。

現地で暮らしている知り合いがいると、
いろんな出会いをもらえます。
人との出会いはもちろん、
自分では行けない場所へ連れて行ってもらえたり、
日々の暮らしの話を聞けたり、
その土地により近づけて、
その旅がぐっと深くなる気がする。
今回の旅のきっかけをくれたYさん、
ほんとうにありがとうございました。
[PR]
by ccico | 2010-06-24 00:00 | 旅の話
【旅の話】ちいさな村へ

23th, May  くもり のち 雨


今日はいよいよFiskars(フィスカルス)へ。
数年前、雑誌で見かけてからずっと気になっていた、
ギャラリーやアトリエがたくさんある、
大勢のアーティストが暮らすちいさな村です。

以前フィンランドを訪れたときにも、
行こうかどうしようかすごく迷ったのだけれど、
ヘルシンキからのアクセスがあまり良くないと聞いて諦めたまま、
ずっと心のどこかに引っかかっていた場所でした。

それが今年のはじめ、
その村に暮らす日本人の方と鎌倉でばったり出会い、
今回の旅のきっかけになりました。


ヘルシンキから電車で1時間、
Karjaaという駅で待ち合わせて、
車で迎えに来てくれました。
はじめての場所で、会えるかなーとどきどきでしたが、
ちゃんとホームで待っていてくれて、無事再会できました。
あぁよかった。

Fiskarsまでの道のり、
倉庫のようなアンティークショップや、
近くの村を案内してもらいました。

その中で特に印象に残ったのが、
フィスカルスの近くのBillnas(aの上に点々がつきます)という村。
これからギャラリーに改装されるのかな、
というかんじの工場跡のような大きな建物があって、
建物そのものや、ちょっと廃墟っぽいその雰囲気がすごくかっこよかった。
この村では、毎年フィンランド最大のアンティークフェアも開催されるそう、
いつか来てみたいなぁ。


c0002446_21461174.jpgc0002446_2147322.jpg










c0002446_21474559.jpgc0002446_21472330.jpg











お昼ごはんは、これまた途中のちいさな村のレストランの、
サーモンとじゃがいものクリーム煮。


c0002446_21532597.jpg











そして夕方、Fiskarsへ。
このあたりから、Fiskarsだよ。と言われた場所は、
ヨーロッパの絵本の中にそのまま出てきそうな風景。
緑がいっぱいの中に、ぽつりぽつりと赤いお家があって、
時計塔があって、思わずかわいい!を連発してしまった。


宿にチェックインしたあと、
彼が友達とサッカーをするというので、一緒について行った。
村のはずれの森の中に、ぽつりとあるサッカー場。
雨の中、村の若者たちが集まってサッカーをしていて、
わたしはそれをただぼんやりと眺めていて。

こういうなんでもない時間に、ものすごく幸せを感じます。
日本では、なんだかいつも忙しくしてしまって、
ついつい余裕がなくなってしまってばかり。
でもそれは、自分次第なのになぁ。
なんてことをぼんやりと考えてみたりして。。。


夜になって宿へ戻ると、
隣の部屋に泊まっているフィンランド人のおじちゃんから、
一緒にビール飲まない?と誘われた。
自転車で旅をしているおじちゃんで、
あまり英語が得意ではないのだけれど、地図を片手に一生懸命、
自分の通って来た道を説明してくれる。
わたしもそれほど話せるわけではないので、
カタコト英語とフィンランド語と日本語でのつたない会話だったけれど、
旅ならではの出会い、なんだか楽しい夜でした。
[PR]
by ccico | 2010-06-23 00:00 | 旅の話
【旅の話】市場のスープ屋さん

22th, May  晴れ のち 雨

c0002446_15133815.jpg











お昼ごはんは、Hakaniemen Kauppahalliのスープ屋さんへ。
映画『かもめ食堂』にも登場した、食料品の市場の中にあるお店です。

メニューがフィンランド語だけでさっぱり読めないので、
お店のお兄さんに聞いてみたら、

今日のスープは、
・お魚のスープ(ブイヤベース風)
・人参のスープ(スモークしたトナカイのお肉のチップ入り)
・たっぷりきのこのポタージュ

の3種類でした。
大鍋でぐつぐつ煮込まれたスープはどれもおいしそう!
活気あふれる市場の中の、食堂みたいなスープ屋さん。
ちっとも気取ってなくて、こういう雰囲気が大好きで、
ヘルシンキに来るとたいてい立ち寄っています。

お魚のスープと迷ったけれど、きのこのポタージュにして大正解。
あぁおいしかった!ごちそうさまでした☆
[PR]
by ccico | 2010-06-12 00:00 | 旅の話