Top

日々のこと、料理教室toricotのこと、気ままに綴っています。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブルームーンの夜ごはん
8月の終わり、ブルームーンの夜、
ふらりとやってきた人と一緒にお家で夜ごはんを食べた。
急だったので、冷蔵庫の残り物だけだったけれど、おいしかったのでメモしてきます。
作ったのは、ゴーヤと玉ねぎの土佐和え、キャロット・ラペ、
じゃがいもとアンチョビのフライパン焼き、夏野菜のカレー。

ゴーヤと玉ねぎの土佐和え。
これはのらぼうのまねっこをして作ってみたもの。
実際とは全然違う作り方なんだろうけれど、おいしくできました。
薄切りにしたゴーヤと玉ねぎをさっと塩茹で、
塩、梅醤油、濃口醤油、薄口醤油を各少々。
そして最後に白ごま油と鰹節。

キャロット・ラペはいつもの定番。
ジュリエンヌした人参に、塩、粒マスタード、ワインビネガー、オリーブ油。
それに冷蔵庫に残っていたオリーブの酢漬け。

じゃがいもとアンチョビのフライパン焼き、
おかずが少なかったので、思いつきで作った一品、これおいしかったなぁ。

冷凍庫に残っていたカレーは、
炒めたお茄子、四角豆、トマトを加えて、炊きたての玄米と。
インドでもタイでも、日本でも欧風のカレーでもない、
なんだか不思議なカレーでした。



東京に住んでいたころはこういうことってほとんどなかったけど、
じゃあ、今からうちでごはん食べようか。
なんて、ふらりと誰かがあそびに来たりする。
おもしろい町です、鎌倉って。
[PR]
by ccico | 2012-09-02 13:29 | 食べる(お家)
<< パッションフルーツ sahanの定食 >>